WS000073_20121027234209.jpg
嗚呼どうしてもこの振り付けにもっほる。


どうもです。















えー。奥さん。これは、妄想ではなく単なる憶測なのですけれども










このオジサマ(存じ上げなくて申し訳御座いません)には、きっと

WS000030_20121027234210.jpg

ユノの背中に生えている透きとおった虹色の羽





が見えている。と思うのです。










WS000030_20121027234210.jpg

オジサマ:ぅわぁー。物凄い綺麗なハネ持ってるなこの子は。タッチ♥エヘヘ

WS000031_20121027234210.jpg

オジサマ:ぅわぁー。この距離で既に何か暖かいよこの子のハネ。

WS000032_20121027234211.jpg

オジサマ:ねぇねぇ、虹色で透きとおってて滝のように流れているキミのハネはこの辺まであるよ。

ゆのゆの:マジすか!!!










ワタクシにはもう、そんな会話が行われましたよという光景にしか見えません。










WS000033_20121027234211.jpg

オジサマ:いやー。キミのハネが見える僕は幸せものだよ。

ゆのゆの:ポクの羽がファン全員にも見えるようになればイイノデスケレドモ。

WS000053_20121027234212.jpg

オジサマ:キミは努力と感謝を忘れない子だと聞いているよ。
       これからもそのままの自然なキミでいればいつかきっとファン全員に見えるようになるよ。

WS000058_20121027234314.jpg

オジサマの言葉を真摯に受け止めるユノ氏。ジャケットの下は確実に芸術的な角度のユノ腕氏。

















WS000059_20121027234314.jpg

「今、ポクに出来る事」を考える、どこまでもファン想いなユノ氏。





















WS000060_20121027234314.jpg

ア!!!ヒラメイタ!!!





















という経緯があってからの




















WS000061_20121027234315.jpg

この衣装かと思われる。 





















WS000062_20121027234316.jpg

ユノユノかむさはむにーだ。見えなくても見えてますよ、貴方の虹色の羽。

WS000063_20121027234316.jpg

なんと素晴らしい、おセナカ様。

WS000064_20121027234502.jpg

ムキムキしてるのかムチムチしてるのかユノユノしてるのかもう訳ワカメです。カッコ良過ぎてねぇ奥さん。
ワタクシ基本、
「運動もそんなにしませんから華奢ですが実は結構締まってるんですよボデぃ」 
が好みなのですけれども、ユノに至っては例外です。
これもワタクシの憶測なのですが、ユノは物凄く鍛えたとしても物凄くムキムキにはならないと思うのですよ奥さん。
そんな筋肉をしていると思うのです。それに加えて全体のバランスを考えて絞ってるみたいな。
物凄く鍛えたとしても「ムキムキ」というより「キュッ」ってなったねぇ。みたいな。
全身の筋肉バランスが良いのだろうなと思います。
ミロチクゆのゆのが良い例ですし、更にユノ腕が良い例です。鍛えてるのに鍛えてませんよ的ボデぃ。











WS000065_20121027234502.jpg

こんな可愛い彼のおセナカ様にまさかあんなスンバラシイ筋肉がついているとは。










WS000066_20121027234503.jpg

こんな可愛い彼のおセナカ様にまさかあんな。










WS000074_20121027234639.jpg

まさかあんな。




















WS000067_20121027234640.jpg

イテ。イテテ。




















WS000072_20121027234640.jpg

イテテテテテテテテテテ















イケナイワタクシヨジャダッタ。 イテテテするモノがナカッタ。















以上、ユノ羽についての憶測がしたかっただけなのに気付けばイテテテになってしまったという、
節操も何もないもっほで終わってしまった事実をどうかお許し下さい。
そんな節操のないイテテテなワタクシは次回イテミンの記事を書く予定です。

では、また。



2012.10.28 


Secret