WS000024_20140105021707b46.jpg


皆様、新年明けましておめでとう御座います。
今年も変の態ブログは続く予定です。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

















大晦日にソウルへ向かい、3日に帰国致しました。

今回初の完全一人旅でしたが、美味しいものを食べ、マッサージで癒され、ショッピングも楽しみ、非常に充実した4日間で御座いました。

4日間の中でも一番楽しかったのは

WS000002_20140105021708b2d.jpg

そう、間違いなくキータニャンですね。





初めてのミュージカルでしたが、いやー奥さん、本当に楽しかったっす。





DSC_0043.jpg

城南アートセンターに到着し、キーちゃんが見えた瞬間テンション上がりましたよね。

DSC_0052.jpg

嗚呼もうすぐキーちゃんに会える~(テンション更に上がる





予約確認書をチケットに引き換えて早速場内へ。

DSC_0056.jpg

ワタクシの席は1階11列33番。
(2014年のおしゃいにちゃんカレンダーのキーちゃんに乗せて。このカレンダー最高!買って良かった)

インターパークで予約する際に、一人だし1部と2部の間に休憩があるという事で通路側がいいなと思いながらモタモタしている間に前の席がどんどん埋まり、結局11列目の通路側Getと相成りました。

その後ちょいちょい座席情報を確認していたのですが、キャンセル席が出たりまた埋まったり。

5列目辺りが1席程空いていたので席を取り直そうか迷ったのですが、通路側じゃないし11列目でも十分楽しめるだろうなと思い現状維持。










これが正解でした。










結果から申し上げますと、この席のお陰で










WS000008_20140105021805f59.jpg

ボム尻、拝めました。










1部でキータニャンが舞台を降りて観客のオデコにポッポするのは皆様ご存知ですね。

サジンも上がっていたのでご覧になっていらっさるかと思われます。

WS000029_20140105022631a7a.jpg

幸運のポッポ席は赤丸のお席でしたけれど(恐らく2列目だったと思いますが3列目だったかも知れません)、ワタクシは青丸の席だったのでキータニャンがポッポする瞬間はキーちゃんの頭しかみえませんでした。
(ライブじゃないのでキャーキャー言えないですし当たり前ですがしゃおるばかりじゃないので場内のあちこちから控え目に「ひゃっ!」みたいな声が上がっておりました)

1部が終わり、休憩中に先程のポッポシーンを思い出しながら「ポッポ席のいっこ後ろでガン見したかったなー」とか思いながらその妄想に耽っている間に休憩終了。

2部が始まってどれくらいたったでしょうか。キーちゃん出てないシーンなのにワタクシすっかり三銃士のお芝居に引き込まれておりました。

途中、後ろの方で「バタバタ」と足音が聞こえたので「あー、誰かが写真撮ろうとしてスタッフさんに注意されてるんだろなー」なんて思いながら振り返る事もせずお芝居に集中。

その直後、今度は先程より遥かに大きな音で「ドタドタドタッ」と走り降りてくる数人の足音が聞こえたので

「なになに!怖ぇよ!」

と思いながら振り向こうと顔を横に向けた瞬間、通路に茶色いブーツが見えました。





「ほぇ?」と思い視線を上げると

WS000012_2014010502185056c.jpg

キータニャンがワタクシの真横に。





いえ、正確にはキータニャンのボム尻がワタクシの目の前に。





いえ、正確にはキータニャンの右ボム尻がワタクシの(もういいですか





これは聞いてないですよ奥さん。

ポッポ席の件はソンミンペンちゃんから情報を頂いておりましたので「あー、これが例のヤツね」なんて余裕かましておったのですが(ひゃ!とは言いましたがね)、このボム尻の件は寝耳に水。

ワタクシ声も出ませんでしたよえぇ。

キーちゃんは右足を前に出し、右手に剣を持ち、舞台に向かって何か叫んでらっさいました。
その体勢なのでワタクシ側がボム尻だった訳です。もう、左肘をちょっと上げればボム尻に触れる距離でした。

突然だったのでしばらくポッカーンとしたのですが、キーちゃんは暫く(二言三言だったかと)台詞を仰ってましたので我に返ることが出来たワタクシは、こんな機会は滅多に(いや一生)ないと思い、キーちゃんの横顔を確認しました。

お肌のコンディションが非常に宜しかったようです。とても綺麗でした。

舞台に向かって叫ぶキータニャンの目はとても凛々しくカッコよかったっす。

初めて聞く、生声キーちゃんに痺れました。

二言三言台詞を仰った後、舞台へ向かって走り出す瞬間、とてもイイ匂いがしました。










WS000031_2014010502412520d.jpg

座席変えなくて良かったーーーッ!!! 










心の中でユージ・オダばりに叫んだ事は言うまでもありませぬ。










キータニャンは、役柄もあってか「男」というより「少年」でした。

たまに出る仕草が乙女キーちゃんだったりしたのですが(マグカップ両手で持つとことか手の振り方とかちょこちょこ走るシーンとか)、

敵に果敢に立ち向かう姿はとても勇ましかったですし、殺陣(?)のシーンはとてもカッコ良くて素敵でした。

声もよく出ていて、短い期間で一生懸命練習に励んだんだなぁというのが歌声で伝わりました。









WS000014_20140105021933b67.jpg

訪韓中に公演してくれた事に感謝。

(ワタクシにとっての)サプライズをくれた事に感謝。

そして何より、楽しそうな笑顔を見せてくれた事に大感謝。










WS000022_20140105021934198.jpg

キーちゃん、本当に楽しそうにキータニャンを演じていて、「ミュージカル楽しい!」という思いがひしひしと伝わりました。
カーテンコールで終始笑顔で、心から楽しんでいるのが伝わって見ていて何だか嬉しかったです。
お芝居自体も本当に楽しくて、また行きたい気持ちでいっぱいです。

WS000026_20140105021935185.jpg

キーちゃん、素敵な時間を有り難う。

千秋楽まで、ふぁいてぃん!!



2014.01.05 


Secret