WS000036_20120917141117.jpg



どうもです。


お外は雨ですがワタクシの心は快晴で御座います。





















本日、夢を見ました。


目が覚めたのが深夜2:00過ぎ。


起きてすぐメモりましたよえぇ。忘れてはいけませんのでね。


ですが未だ鮮明に頭の中にいらっさいます。メモ不要で御座いました。


どなたのもっほ夢を見たのかと申しまするに、タイトルとカテゴリとTOPサジンでもうバレバレなのですが


そう、おしゃいにです。オールおしゃいにです。全員総出演で御座います。















↓ ここからワタクシが見た おしゃい夢 です ↓















ワタクシは彼らと同じ部屋におります。ワンルームです。


そこに布団を並べてそろそろ就寝ですよ。というところから始まります。










因みに並びはこんな感じです。


shm.jpg


ワタクシとテミンのランデヴーを阻む謎のアジョッシ。誰。










取り敢えず謎のアジョッシ(推定50代手前・既に熟睡)にはソッコーで位置変更(転がしながら)して頂き一件落着。


寝る前に戸締りをと窓を閉めに行くワタクシ。


この時まだ皆キャッキャ言ってたのですがミノくんだけはうつ伏せで熟睡しておりました。


夢ながら「あー、やっぱドラマで疲れてるんだなー」と思いながら窓を閉めるワタクシ。


他の皆は未だキャッキャしており(特にキーちゃん)、「ミノくんが起きてしまう」と思ったワタクシは


「もう寝なさいよー」と優しく叱咤。皆可愛すぎて強く怒れない自分にも心の中で叱咤。


お布団に入りしばらくすると窓から風が微かに入って来る。


さっき閉めたのに。と思いながら起き上がり窓に近づくと、オニュが寝転がったまま窓を開けてる最中。


「窓開けて寝るの?」と聞くと、










WS000026_20120917141118.jpg


「うん♥」










うん♥ 開けて寝よっか♥










この子はほんに可愛いのぅと思いながらでもこの部屋が1階だった事を思い出し、


「ドロボー入って襲われたらどうするの。」とワタクシが聞くと










WS000033_20120917141119.jpg


「入って来たらボクがやっつけてあげるっ!!!」
↑ 日本人かと思うくらいの流暢な日本語










もう皆で「ヒュ~ヒュ~」ですよ。ジョンさん特に大喜びですよ。んでもって照れるキーちゃんですよ。


この子は普段オトメンでもやるときゃやってくれる頼もしい子なんだなと惚れ惚れですよ。





で、ミノくんが起きそうになったので皆で「シーッ!!!」っつってお布団に潜り込み。





どれくらい時間が経ったでしょう。





枕元に某コンビニのアメリカンドックを置いている事を思い出したワタクシ。


耳を澄ませば誰かもコソコソ食べてる感じがしたので、自分も食べよっかなーと思い身体をちょっと起こす。


皆の寝顔を見ようと(下心満載)左側を向く。


オニュは背中を向けて寝ていらっさいます。イメージはハロベビでユグナに起こされる時の感じです。


ジョンさんは仰向けで目から上をお布団から出して寝てる。両手はお布団を握っている。


WS000034_20120917141119.jpg


こんな可愛い顔してカラダは凄いんだよね。 イカンイカンイカンイカン想像シテハイカン


WS000037_20120917141353.jpg


ミノくんは未だ爆睡中(画像は仰向けですが夢の中では未だうつ伏せです)。


キーちゃんはお布団に潜り込んでるけどお布団がモゾモゾ動いているのできっと彼がコソコソ食べているのだろう。


なんて思いながらアメリカンドックの袋を開けていると










キーちゃんと同じくお布団に潜り込んでいたおテムちゃんがゴソゴソ這い出して来ました。










WS000031_20120917141353.jpg


こんな感じで。










めっさ可愛ぇ。










と思った瞬間、ワタクシが握っているアメリカンドックにパクつかれました。










WS000031_20120917141353.jpg


このままの態勢で。










めっさ可愛ぇのですがどうすれば。










なんだこの子やっぱり可愛ぇどうしようどうしようと思っているうちにドックをほぼ食べ尽くすおテムちゃん。










WS000031_20120917141353.jpg


お目目はずっと瞑ったまま。でもまだ食べようとしているおテムちゃん。










「全部食べたいの?」と聞くと口をパクパクして答えるおテムちゃん(一切言葉を発しない)。


ナニそのジェスチャーどうしようどうしよう愛おしくて堪らんなぁと思いながら、棒が喉につっかえないように


最後のところを上にずらして食べさせてあげるワタクシ。もう母の気分。










最後のところを食べる時にワタクシの左親指と人差し指にあたった、










WS000038_20120917141354.jpg


おテムちゃんの唇の感触。










一生忘れませぬ。










以前のブログで書かせて頂きました、「ユノ腕にぎゅ。っとされる」ゆの夢見た時と同じくらいの生々しい感触。


忘れません。夢の神様、かむさはむにーだ。


そこで目が覚めたものですからそりゃもうメモりますよね。忘れてはならねぇと。


嗚呼今日はとても幸せな一日になりそうです。










こんなにも早くおしゃいにの夢を見られるなんて。










WS000035_20120917141443.jpg


彼なんてまだ一度たりとも鮮明なゆちょ夢として出て来てくれませんのに(未遂は何度か御座います)


ですから風船になる妄想なんてしてしまうのですよ。いつになったら出て来て下さるのですか。


取り敢えずしばらくは今回の おしゃい夢 に浸っておこうかと思います。


では、そろそろお出かけの時間ですので今回はこの辺で。では、また。



2012.09.17 


Secret