WS000032_20130507221104.jpg


どうもです。


















えーとですね。





WS000001_20130507221105.jpg

おテムちゃんは妖精ちゃんではないですか奥さん。





例え本人が

WS000002_20130507221105.jpg

「妖精じゃないですぅ。人間ですぅ。」

と仰ったとしてもシャヲルにとっては妖精ちゃんではないですか。





ワタクシ、以前より勢いでおテムちゃんのことを

WS000003_20130507221106.jpg

ティムカーベルちゃん♥

と名付けて可愛がっておりますが





お名前を拝借している本家の詳細を存じ上げてない のですよ失礼なお話ですね。





ですのでサイトで確認して参りました。
※ここでは戯曲や小説ではなく、某D映画のサイトで確認させて頂いております。






見事にハマりましたおしゃいにちゃんに。





若干イジったり端折ったりさせて頂きましたが、基本的にはハマってるかなと思います。





それではご紹介させて頂きます。どうぞ。





【ティムカー・ベル】

WS000004_20130507221106.jpg

ダンスの才能を持つティムカー・ベルは、その仕事の大切さをまさに学ぼうとしているところです。

WS000005_20130507221107.jpg

恐れを知らないオティムは他の妖精たちよりも勇敢なのです。

WS000006_20130507221149.jpg

みんなに愛されているオティム。

WS000007_20130507221149.jpg

その性格は魅力的で男らしく、反抗的でせっかち、直感的で頑固、粘り強くて気まぐれ・・・ 

WS000008_20130507221150.jpg

でもとてもチャーミングで愛すべき存在です。





【ジンギーミスト】 

WS000009_20130507221150.jpg

水の妖精であるジンギーミストは、とても陽気で

WS000010_20130507221151.jpg

物事を見る視点が一風変わった楽天家です。

WS000011_20130507221151.jpg

とても自由な精神の持ち主で、頭で考えるよりも心の声に耳を傾けています。

WS000012_20130507221240.jpg

おおらかな気質の彼は、いつも誰かを喜ばせることを考え、みんなと友達になりたいと思っています。

WS000013_20130507221241.jpg

彼が持つ無類の忠誠心は、オティムにも伝わります。





【ジョーン】 

WS000024_20130507221242.jpg

動物の妖精ジョーンは、おてんばで、笑いと茶目っ気に溢れています。

WS000025_20130507221242.jpg

いつも遊ぶ準備は万端で、より手荒に脱いだり被り物をするゲームを好みます。

WS000026_20130507221243.jpg

オティムはそんな彼のお茶目な性格に惹かれるのです。

WS000027_20130507221243.jpg

彼はたくさんのシャヲルとツイで絡むことができます。

WS000028_20130507221329.jpg

(中でも一番のお気に入りは、ミノデッサを使った遊びです。)





【ボムッタ】 

WS000014_20130507221329.jpg

植物の妖精ボムッタは、上品で礼儀正しく、頭の回転が速くて魅力に溢れています。

WS000015_20130507221329.jpg

ボムッタとオティムは人間に「女子と錯覚させる」点が良く似ています。

WS000016_20130507221329.jpg

いつも自分を一番良く見せようと考え、

WS000017_20130507221330.jpg

友達や花たちに美に関するアドバイスを与えたり、

WS000018_20130507221330.jpg

美しく変身させてあげることが大好きです。





【ミノデッサ】 

WS000019_20130507221418.jpg
あら?ひとりだけテイストが。あら?

光の妖精の中で最も優秀な一人のミノデッサは、物事の細部にまでこだわる完ぺき主義者です。

WS000020_20130507221419.jpg

仕事に対して情熱を燃やすものの、ささいなことを気にする一面もあります。

WS000021_20130507221419.jpg

危険を冒す可能性のある計画に彼の同意を得るためには、相当な説得が必要です。

WS000022_20130507221419.jpg

それがミノデッサらしさとも言えるのですが、彼の注意深い姿勢には、きちんとした根拠がある場合もあるのです。

WS000023_20130507221419.jpg

そして最終的に、彼はいつだって友達を助けるために、どんなことでもするのです。










本家サイト様は コチラ ←からご確認頂けます






妖精ちゃんはオティムだけではなかったのですね。薄々感づいてはおりましたけれどね。





5人の妖精ちゃん達はシャヲルの日常に光と彩りを与えてくれている。

WS000031_20130507221420.jpg

まさに輝くSHINee。










WS000030_20130507221506.jpg

빛나는 요정 샤이니, 고마워요 ~♥ 










と、





「あーおしゃいにちゃんってやっぱり妖精だったのねー♥」





で幸せもっほ完了した昨日。










radio『Bestfriend』でのおしゃいにちゃん。


http://youtu.be/EiMV3y4M3mc

七人のコビトみたいになっておるのですが。 
ワタクシのティムカーベル妄想はいずこ。 衣装って本当に大事。


http://youtu.be/Qk2EhY2aUqg

この際ですから七人のコビトでも例えておきましょう。

オニュは「ハッピー(ごきげん=丸形体型でいつもハッピーな性格。)」ですかね。
最近ホッソリされてらっさいますが、オニュは基本「むちんむちん」が可愛いですからね。

キーちゃんは「スニージー(くしゃみ=いつもパワフルなくしゃみをして存在感バツグン?!)」ですかね。


http://youtu.be/dUFXB23HVSY

まぁ当てはめようと思ってツベ検索したらたまたま見つかったみたいな感じですけどね。
「テミナ~」つって嘘クシャミしておテムちゃんを喜ばせようとするところなんて母そのものですね。

てかキーちゃんは白雪姫なんすけどね、実際は。実際って何。

ミンホぅは「グランピー(おこりんぼ=「白雪姫なんか嫌い」という態度をとっているが本心は逆。)」ですかね。
やはりミンホぅはキーちゃんの事が大好きなのですね。まぁミンホぅの場合はコビトっつうよりコガオビトですがね。

おテムちゃんは「ドーピー(おとぼけ=いつも皆の後ろにくっついて、子供っぽくて無責任な性格)」
一瞬一番ハマってる気がしたのですがそう言えばおテムちゃんはヒョンの前をスタスタ歩くマンネだった。

休養中のジョンさん(また事務所に現れましたよ後姿がちょっと痩せてる気がしましたけどサジン見た感じでは元気そうでした)はコビトっちゃぁコビトですが(何のこと言ってるのもしかして・・・コラ)キーちゃんが白雪姫役もこなしますからそうなると必然的に王子になりますね。









さて。ど忙しいお仕事が再開致しました。頑張ります。
皆様もふぁいてぃん。では、また。










P.S.ティムカーベルちゃんのオマケ

【ユノンス】

WS000033_20130507221507.jpg

ユノンスは男の妖精で、妖精の粉の番人です。
楽しいことをするのが大好きですが、優しくて思いやりもあり、堅実な心の持ち主でもあります。

WS000034_20130507221507.jpg

オティムのことが大好きです。

もほ♥



2013.05.07 


Secret