WS000060_20130403224252.jpg


ユチョン。

















私は今、おしゃいにに夢中で、おテムちゃんを溺愛していて。





それはもう変わることのない事実なのだけれど。





WS000061_20130403224252.jpg

だから正直、貴方への想いが薄れているのではないかと思ってみたりしていたのだけれど。










それはちょっと違ったみたいです。










WS000062_20130403224253.jpg

「그녀와 봄을 걷는(彼女と春を歩く)」。










ツベで聴きました。ちょっと怖かったけれど。





韓国語か日本語かも分からないくらい、音が割れてるライブ音源を聴きながら





WS000063_20130403224253.jpg

それでも貴方の歌声は私の心の奥底にズン、と響きました。










涙が止まらなかったよ、ユチョン。










この歌だけでも聴きに行きたかった。










貴方らしい歌でした。










WS000064_20130403224253.jpg

私はやっぱり貴方の歌声が一番好きです。










ありがとう。





また逢える日まで。










P.S. ライブ終了後すぐにユチョンの愛を届けてくれたチングよ、心からかむさはむにーだ。





P.S.2 

WS000065_20130403224253.jpg

アータちょっとぶちょってたらしいじゃないですか。お坊様でぶちょるって。
キケン。大仏ょんキケン。ぶちょってもイイけどせめて毛流れておくんなましよ。
明日も、ふぁいてぃん。



2013.04.03